スピリチュアルカウンセリング・オラクルカード・チャネリング・ヒーリング・コーチング・メディテーションワークなどで、貴方の中の貴方を最高に輝かせるスピリチュアルサロン・とれみにょん

 サイトマップ     プライバシーポリシー

ご予約お問い合わせ


space
メルマガ購読・解除
 

トップページ   >>>   スピリチュアル基礎用語

スピリチュアル
スピリチュアル基礎用語

とれみにょんのスピリチュアル基礎用語

※ 施術名に関して...一般的な用語の使い方の解説であり、用語の解釈は施術者により異なることがあります。


【あ行】

◆アカシックレコード [Akashic Record]

宇宙存在する宇宙にある記録情報であり、人類の過去から未来までの、意識情報や歴史や過去未来の全てが記録されているデータバンクのこと。宇宙意識、高次元意識、集合体意識、エーテル体意識とも。

◆アチューンメント [Attunement]

レイキで使う場合は、レイキの回路を開くためのエネルギ−伝授のこと。

◆インナーチャイルド[inner child]

過去の子ども時代に傷ついた心、トラウマのこと。子どもの自我意識状態のこと。

◆ヴォイスヒーリング [Voice Healing]

声で魂と共鳴し内面からの癒しをもたらす施術のこと。ヒーラーとクライアントが一緒に声を出すヒーリングや、ヒーラーの声を全身で感じるヒーリングなど方法は様々。

◆エナジー [Energy]

スピリチュアルにおいては、生命力、活性化、気、活性水などのエネルギーの意味。気力、精神力、意思、記憶、情報、それらを支える生命的エネルギーともいう。エナジー水、ライフエナジーとしてもエナジーという言葉が使われています。

◆遠隔ヒーリング[Remote Healing]

時空を越えて間接的に遠方にいる他者をヒーリングをすること。エネルギーや意識の世界は時空がなく、能力者ヒーラーによって、その相手が地球の裏側でも何処にいても、距離には関係なく、エネルギーを流し与えることができるとされています。直接の遠隔ヒーリングと電話などを使い会話しながらエネルギーを流す遠隔ヒーリングもあります。

◆オーラ [Aura]

人体や物体の周囲にある気の一種で誰にでもあるエネルギー場。肉眼で視える人もいます。

◆オーラ療法 [Aura Healing]

オーラを浄化し、肉体と魂の状態を正常にととのえる療法で、肉体や幽体、魂にエネルギーを入れ、魂レベルの深い癒しが起こるといわれています。

space

【か行】

◆ガイア・アセンション [Gaia Ascension]

直訳すれば、地球の次元上昇で、物質的次元から高次元(光)への次元変化のこと。

◆ガイド [Guide]

スピリチュアルにおいては、個人をサポートしている指導霊などの霊的な存在や高次元の存在のこと。

◆カルマ [Karma]

業(ごう)ともいい、輪廻の思想に基づき、良い行いをすると来世で良い環境に生まれるといった因果応報のシステムのこと。

◆気 [Qi]気功 [Qigong]

中華人民共和国で編纂された中国伝統の各種養生法を中医学に基づき再編した健康法で、気功の基本は、心身のリラックスにある、動作、呼吸、イメージを用いて、総合的に心身のコントロールを行なうのが気功の特徴です。インドのヨーガはヨガ気功といわれています。気、気功療法とは、大気中にある気のエネルギーを気功施術者がこの気を取り入れたり、また肉体から発する気のエネルギーを、疲れている人や患者に与え、リラックスさせたりします。

◆キネシオロジー [Kinesiology]

筋肉反射テストのこと。化粧品や食べ物があっているかどうかなどを調べたりできます。

◆クライアント[Client]

スピリチュアルにおいては、ヒーリングセッションやカウンセリングなど施術を受ける側のこと。

◆クンダリーニ [Kundalini]

人体の尾骨部にあり、ムーラーダーラチャクラともいう。覚醒により宇宙電気的エネルギーを尾骨のあたりから竜巻のように螺旋状に発生する。宇宙電気的発電=発電機のようなものといわれています。

space

【さ行】

◆色彩療法 [Color therapy]

さまざま色彩の波長が人間に与える効果を利用し、治療に取り入れる療法のことで、色の波動エネルギーは、感情バランスが崩れた精神を整えることができるといわれ、さまざまな体内の変調を整える効果があるといわれております。

◆指導霊 [Guide Spirit]

人の生き方や仕事生活や意識向上など指導している目に見えない意識の存在。生まれたときから殆んどの人に十数名で指導し、人の心や魂を霊的成長、霊性向上へ導く指導霊を霊性指導霊という。

◆守護神、守護霊 [Guardian Spirit]

内なる神、内在の神ともいう。自らの魂が輪廻転生をしていく中、魂を守り、本質への愛の悟りに至るまでともに在る存在。守護神、守護霊も考え方や呼び方の違いがあるだけで、命というエネルギー与え、肉体を管理し、私達と共にいる宇宙愛の存在。

◆浄化 [Spiritualization]

ネガティブな気やエネルギーを祓い浄めること。

◆スピリチュアルカウンセラー [Spiritual Counselor]

霊的な悩み、憑依霊のとりつきなど問題の相談を受けトラウマなどのカウンセリングする霊的能力者をことを指す。
また霊的エネルギーなどよる心身のネガティブエネルギー浄化、除去、気力の低下など。前世、過去前世からのトラウマ等の原因を見て、解消への霊的なカウンセリングを施す人のことをスビリチュアルカウンセラーという。

◆スピリチュアルカウンセリング [Spiritual Counseling]

霊的な悩み、悪霊や憑依霊のとりつきなど問題の相談、また気力の低下や体内の変調、霊的エネルギーなどよる心身のネガティブエネルギー浄化、除去、など。スピリチュアル能力者により、前世、過去前世からのトラウマ等の原因を見て、解消への霊的なカウンセリングを施すこと。

◆スピリチュアルヒーリング[Spiritual healing]

霊的能力者が霊世界と繋がり行うヒーリングをスピリチュアルヒーリングという。また、気を与えるヒーリングを気功ヒーリング、霊気を与えるヒーリングをレイキヒーリングという。

◆スピリチュアル・リーディング [Spiritual Reading]

霊的存在、魂やハイヤーセルフなどと繋がり、霊的な情報を読み取ること。霊的能力者がスピリチュアルメッセージを受け取り、伝える能力者を霊能力者またチャネラーと言い、霊視、霊感、霊視リーディングともいう。また、ヒーリングエネルギーや生体エネルギーをヒーラーから患者に伝える治療法。

◆セラピスト [Therapist]

物理療法や心理療法の治療士。

◆ソウルメイト [Soul Mate]

魂の友、意識向上や霊性を互いに学びあう友やグループ。ソウルメイトとは、 グループで生まれ変わりを繰り返すなかで、特に強い結びつきにある魂同士がソウルメイトです。

space

【た行】

◆代替治療、療法 [Alternative medicine]

西洋医学以外のすべての治療法。精神世界、スピリチュアルでは、何らかのエネルギーを取り入れた、気功、エネルギー波動ヒーリング療法。西洋医学、または医師による科学的根拠に基づいた医療ではない治療で、補完医療または相補医療とも呼ぶ。また、最近では医療に代替医療をとりこんだ代替療法も現れている。

◆ダウジング [Dowsing]

地下水や鉱脈など地下に隠れた物を、振り子や棒などの装置の動きによって探す手法。振り子を使う場合は、主なダウジングの道具はペンジュラムダウジング、またL字形やY字形の棒などを使う、ロッドダウジング。一般的には地下水の探索にも用いられるが、油田、鉱物、遺失物を見つける場合もある。

◆丹田 [Tanden]

下腹部のへその下にあたる所。ヨガなどでは非常に重視されており、ここに力が入ると健康や勇気が手に入るといわれている。

◆チャクラ [Chakra]

サンスクリット語で「車輪」を表す言葉。目には見えないが、身体にあると言われるエネルギーのポイント。無数にあり、中国ではそれが経絡と言われたり、ツボと言われたり。特に大きなエネルギースポットは7つ。それらは身体の内分泌腺に深く関連していると言われている。

第7チャクラ・サハスラーラチャクラ (頭部)
深層意識,智慧,悟り,覚醒,クラウンチャクラともいう。
第6チャクラ・アージュニャーチャクラ (額)
中層意識〜深層意識,透視,ビジョン,チャネリング,別名,第三眼ともいう。間脳チャクラ、チャクラ全体機能を統合。
第5チャクラ・ヴィシュダチャクラ (喉)
中層意識〜深層意識,通常は聴こえない宇宙の波動を聞くまたチャネリング能力
第4チャクラ・アナーハタチャクラ (心臓部)
中層意識〜深層意識,愛情,宇宙的な慈愛,ハートチャクラ,愛のチャクラともいう。
第3チャクラ・マニプーラチャクラ (腹部)
中層意識、霊的能力
第2チャクラ・スヴァーディシュターナチャクラ (下腹部)
中層意識,霊的直感力,生命エネルギーや気力を高め安定感を充実,丹田ともいう。
第1チャクラ・ムーラーダーラチャクラ (尾骨部)
クンダリーニエネルギーを内在し,エネルギーを発生するチャクラ。

◆チャネリング [Channeling]

日常的な自己の意識とは別の、ハイヤーセルフ(高次の意識)や天使、宇宙意識にアクセスし、必要な情報を受け取るというもの。チャネリングには、チャネラー自身が意識のある状態でハイヤーセルフなどにチャネルする“コンシャス・チャネリング”と、“トランス・チャネリング”がある。後者はチャネラーが身体に宇宙意識などを入れてしまうので、チャネリング中はその内容をほとんど記憶していない。

◆ツインソウル [Twin Soul]

いくつもの転生を共に過ごして来た魂がツインソウルだという説もあるが、一般的には魂が分裂した、あるいは双子の魂と言われる。 また、原因、結果の法則では、ツインソウルの意味は、双子の魂ということではなく、肉体、魂(精神)魂の本質と二つでひとつ。すべては本質と一体であることが本来のツインソウルであると説かれる。

◆透視リーディング [Clairvoyance]

千里眼とも言い、視野に入らないものや視覚で確認できないものなどを霊的透視能力、もしくは直感やイメージで判別する能力。視野に入らない遠く離れた場所での映像を見るものを遠隔透視と言い、映像ではなく時空を超えたものを観る、未来予知や過去のことを透視するなど予知能力のこともいう。

◆トランス状態 [Altered state of consciousness]

意識が通常とは異なった変性意識状態の状態のことまた脳内の感覚が幻覚、催眠を催している状態や意識が多次元に移行している状態。

space

【な行】

◆ネガティヴ [Negative]

一般的な意味としては否定的なさま、消極的、など。スピリチュアルでは、好ましくないエネルギーや、愛と切り離された感情、思考、汚れといったものも包括しています。

◆ネガティブエネルギー浄化

心や肉体に溜まった毒素を浄化すること。悩みや不調和、ネガティブな想いなどで、つくり出したネガティブエネルギー、また、回りから受けたマイナスエネルギーが心と肉体に蓄積されたネガティブなマイナスをヒーリング能力者によって浄化すること。また水晶などのパワーストーンが持つパワー、自然界の力や植物などにある癒しのエネルギーにアプローチすることによってもネガティブエネルギーは浄化される。

space

【は行】

◆ハイアーセルフ [Higher Self]

高次元の自分。本来の自分は何でも知っていて神意識に近い。自己、魂、神界、幽界、宇宙の根源に属したした存在。ハイヤーセルフを表す言葉には、天使、神、仏、精霊、自己など、色々なものがあり、ハイアーマインド、ハイアラーキー、アセンデッドマスターとも呼ばれる。また、ハイヤーセルフの解釈についても実に様々なものがあり、スピリチュアルでは、日常的に心の中で語りかける存在のことを意味する。ハイヤーセルフと心の中で話し、人生のサポートやアドバイスなど受けている人もいる。

◆ハンドヒーリング [Hand Healing]

手かざしによるヒーリングのことで、ヒーリング能力者ヒーラーが他者に手のひらや指先から出るエネルギーを与えること。ハンドパワー、ハンドヒーリングパワーともいう。

◆ヒーリング [Healing]

一般的には、治療や癒しの意味。心身にアプローチし生命力、自己治癒力を引き出すことで、心の病や疲れを癒し、治療的効果を得られる。また生まれてからの過程や過去世の中で受けた傷によってできた感情のブロック(しこり、未消化の感情)を癒すことで、感情のブロックの解放がおき、人生がポジティブに変化していくという。

◆ヒーリングスペース [Healing Space]

癒しのための手法やクライアントにエネルギーを流す、心や肉体を癒す、心身の変調に対する癒し療法、またカウンセリングを行う、サロン、ヒーリング整体院、店舗などの空間。場所のこと。

◆ヒーリングセッション [Healing Session]

癒しのための手法やクライアントにエネルギーを流す、またヒーリング療法やカウンセリングのことで、マンツーマンのカウンセリングや心を癒したりするヒーリング、それをヒーラーなどによる手法、ヒーリングを行うという意味。

◆ヒーリングミュージック、ヒーリング音楽 [Healing Music]

緊張を解きほぐし気持ちを落ち着かせ心身の疲れを癒すような効果のある音楽。ヒーリングミュージックが他の音楽と違う一番の特徴は作曲者また曲の持つ波動エネルギーの原理を採り入れていることです。

◆ヒーリング療法 [Healing therapy]

スピリチュアル的には、ヒーリング能力者、ヒーラーが体の不調や心身の不調を治療すること。一般的には手かざし、ハンドヒーリングという。ヒーラーが肉体や患部に生命的エネルギーを与えることで、心の病や疲れ、肉体を癒し、治療的効果を得られる。最近では波動医学ともいう。

space

【ま行】

◆瞑想 [Meditation]

心を集中させ観想や黙想に取り組むこと。真の自己と肉体・感情・知性との同一を達成する。

space

【や行】

◆ヨガ・ヨーガ

インド発祥の修行法。ヨガと発音する人がいるがヨーガが正しいとされる。修行者はヨギ、ヨギー,ヨーギーと呼ばれる。仏教ではサンスクリット語を音訳して瑜伽(ゆが)訳してヨーガと相応ともいう。

space

【ら行】

◆ライトブリージング [Light Breathing]

光のイメージを取り入れた呼吸法。潜在意識にアプローチしていく。

◆リーディング [Reading]

霊感や直感を使いクライアントの性格や運命を読み取ること。リーディング対象であれば人間であるとは限らない。

◆レイキ [Reiki]

大正時代に日本で生まれたハンドヒーリング。

◆霊性回路 [Chakra]

身体の気、霊的波動、エネルギーの流れ、チャクラともいう。その人の霊性進化、霊的成長で回路の開き具合により、マイナス的エネルギーの影響を受けたり、プラス的エネルギーを放射したりする。

space

【わ行】

space
space


sen